日本家屋

日本家屋の特徴

ハウスメーカーとしては、ダイワハウスなどの大手もあります。いわゆる和モダンとされる分野も含めると、多くのメーカーが日本家屋建築に参加していると言えます。日本家屋には、四季を愛で、自然と共生する、日本人本来の生活様式が垣間見れます。日本家屋は柱が露出している(真壁)ことが多く、基本的に縦横比が2:1の畳のサイズを構成単位にしているので、絵を描く際には立体感や広さの感覚がつかみやすく、描きやすいとされています。

日本家屋
日本家屋
日本家屋

特徴としては、縁側、 床の間、 書院、 畳、 ふすま、 引き戸、 土間、田の字型 、坪庭・中庭の存在を挙げることができます。そのメリットとしては、ほとんどの部屋が外に面している ふすまの開け閉めで部屋の広さが変わる、優れた調湿機能で過ごしやすい、障子で光を調節できる、縁側から素敵な庭が見える、耐久性が高い、通気性が良い、自然素材が多く心地よいなどを挙げることができます。他方、デメリットとしては、家を建てるのに広い敷地が必要 、建築費用が高い、インテリアも和風でないと合わない、光熱費が高くなる可能性がある、収納スペースが少ない、縁側などは使わなくなった時に困る、耐震性に不安がある、プライバシーを確保しづらいなどがあります。

 

日本家屋